title_bg_edited.jpg
Download

折込広告部数表・納品締切表

最新版のデータをいつでもダウンロードいただけます。

折込広告部数表・納品締切表

折込広告部数表【2021年7月改訂版】(.xlsx)

納品締切表【6月・7月】(.pdf)

 

折込広告取扱基準

株式会社速報社は折込広告の社会的影響を考慮し、次に該当する広告は取り扱いません。

  1. 関係諸法規に違反、または違反のおそれがあるもの。
    折込広告審査に関する関連法令
    ・選挙『公職選挙法』
    ・健康食品『薬事法・健康増進法・特定商取引法』
    ・消費者金融『貸金業規制法』
    ・公序良俗『青少年育成条例・風俗営業法』
    ・人事募集『労働基準法・男女雇用機会均等法・職業安定法』
    ・不動産『不動産の表に関する公正競争規約・宅地建物取引業法』
    ・美容痩身『景品表示法(不正景品類及び不当表示防止法)・医師法・医療法・美容師法』
     

  2. 責任の所在および内容が不明確なもの。
    ・広告主名・所在地・連絡先が記載されていない
    ・広告の意味・目的が分からない
    ・重要事項が表示されていない
     

  3. 虚偽または表現が不明確で誤解されるおそれがあるもの。
    ・「日本一」「世界一」など最高・最大級の表現、「確実に儲かる」「絶対に痩せる」等の断定的表現を何の裏づけもなく使用している
    ・不当な二重価格表示・おとり広告
     

  4. 投機、射幸心を著しくあおる表現のもの。
     

  5. 詐欺的なもの、またはいわゆる不良商法とみなされるもの。
     

  6. 非科学的、または迷信に類するもので、消費者を迷わせたり不安を与えるおそれがあるもの。
     

  7. 差別、名誉毀損、プライバシーの侵害、信用破棄、業務妨害となるおそれがあるもの。
     

  8. 社会秩序を乱す次のような表現のもの。
    ・せん情的な文言や写真、図案を使用したもので、青少年に有害とみられるもの
    ・風紀を乱したり、犯罪を誘発するおそれがあるもの
    ・政治問題について極端な主義主張を述べたもの
    ・新聞の使命である社会性に反するものや品位を傷つけるような広告など、当社の判断で妥当ではないと認めるもの

 

折込広告取扱い上のご注意

  1. 折込広告を確実に配布するため、予め折込広告部数表を提出していただいております。
    電話連絡のみによるご依頼で、万一事故等が生じた場合、弊社では一切責任を負いかねます。
    メール・FAX等でのご連絡をお願いいたします。
     

  2. 複合専売及び合売の販売店では折込される新聞銘柄の指定はできかねますので、ご了承ください
     

  3. 販売店部数よりも折込部数が少ない場合はご希望の地域に折込出来ない可能性がございます。
     

  4. 天災、災害等、不慮の事故があった場合、折込日の遅れ、また、折込不能になる事もございます。
    大規模災害における新聞折込広告の取り扱いについて(PDFファイル)
     

  5. 世界的に流行する感染症の発生により新聞販売店従業員の多数が欠勤した場合は一部地域の配達ができないことがあります。また、販売店従業員の健康被害の恐れが極めて高く、配達が困難と販売店が判断したときは一部地域で指定日の折込ができない場合がありますので、ご了承願います。
     

  6. 選挙開票日の翌日は新聞到着が大幅に遅れますのでお取扱いはいたしません。
     

  7. 連合(集合)折込広告について
     1)発行責任者(企画会社名)が明記され、新聞折込広告基準に抵触しないものとしてください。
     2)連合広告としてお取扱できる業種は公共性が高いと認めたものに限ります。
     3)折込料金は通常料金の2倍となります。
    ※連合折込広告と取り扱われず1枚料金となるもの
    ●商店街などの記念・統一売り出し●グループ・サークル・チェーン店・同一建物・同一土地内のテナントの場合●同一場所においての合同販売●目的が同一なもので、後援・共催・販売元・業務提携があるもの●旅行業者等の旅館名・協賛店名が連記してあるもの●消費者が見て、同一スポンサーと受け取られるもの●公共交通機関の時刻表 等